2003/06/10 
有馬温泉に待望の「有馬の工房」が開設!

 平成15年6月6日(金)、有馬温泉に新たに「有馬の工房」が開設された。「有馬の工房」は、旧有馬保養所(昭和47年建築)を改修して作られた施設である。

 老朽化した旧有馬保養所の今後のあり方については、地元地域で構成されている「有馬温泉活性化委員会」等において、かねてより検討が重ねられていた。

 幸い、有馬温泉には様々な効能を有する温泉資源の他、有馬籠や有馬筆、炭酸せんべいなどの伝統工芸や産物など豊富な観光資源が存在しており、これらの貴重な資源を活用し、市民や観光客に提供するための術を考えた結果、実際に体感する機会を提供したり、湯治客などに気軽にご利用いただくための休憩室や会議室等を兼ね備えた多目的な施設利用と、旅館協同組合の方々との連携により、長期滞在型の小宿[3階]も設置されることとなった。小宿へのリンク

 この日は、午前9時30分から開設式典が始まり、地元代表をはじめ、各議員や神戸市等関係者が集まり開設を喜び合った。地元の万助太鼓のご披露の後、テープカット、内覧となった。

 公明党神戸市会議員団は、これまで、震災で低迷している観光群の再構築を図り、新たな観光資源の創出に努められるよう機会あるごとに市長及び関係当局に要望してきた。
 有馬温泉についても、「金の湯」「銀の湯」の整備推進を図るとともに、「有馬の工房」についても有馬温泉の発展に資するよう積極的に推進してきた。

 その他、当該施設には喫茶コーナー、ギャラリーの他、オストメイト対応の市民トイレが設置されている。特に、オストメイト対応の市民トイレの設置については、ユニバーサルデザインの視点から、市民や観光客にたいへん喜ばれることと思う。

 利用申込み・問合わせ

 ・1階2階については「有馬の工房」受付 TEL903−5554


 ・3階については「有馬温泉観光総合案内書」 TEL904−0708