2003/07/28 
平成15年7月27日(日)の活動(神戸市グラウンドゴルフ大会に出席・故奥谷通衆議院議員告別式に参列・党機関紙愛読者大会に出席)

 午前10時より第15回神戸市グウラウンド・ゴルフ大会がしあわせの村内の芝生公園にて開催され、赤羽かずよし衆議院議員をはじめ兵庫県議会・神戸市議会の議員が賛助会員として参加させて頂いた。会長、各議員のあいさつの後、爽やかな正々堂々とした選手宣誓に続き、開会を祝し始球式が行われた。今回の参加者は、約650人程とうかがったが、毎回、多くのグラウンドゴルフ会員の無事故運営に携わっている当協会の近藤会長はじめ喜多事務局長、役員の皆様のご努力に敬意を表するものである。ともあれ、会員の皆様のご健康と当協会の益々の発展を心からお祈りする。

 午前11時より地元唐櫃台3丁目の市営住宅を訪問。23人の方々に御礼あいさつ訪問をさせて頂く。ご年配の方々が大半で、いつも気持ちよく声をかけて下さり、いろいろなことを教えてくださる。出会うとほっとし、また、勇気が湧いてくる。このような支持者に恵まれ、誠にありがたい限りである。

 午後2時より県立体育館における故奥谷とおる衆議院議員の告別式に参列する。場内が満席になるほどの弔問者が訪れ、盛大かつ厳粛に執り行われた。
 
 一旦自宅に戻り、午後5時過ぎ、公明新聞愛読者大会に明石市民会館に出かける。約500名の参加者が集まり、参加者を代表し明石中央鶏卵株式会社の代表取締役の長谷川文一様よりごあいさつを頂く。コントや歌の披露に続き赤松県代表のあいさつ、森本晃司機関紙推進委員長の話があり、午後8時30分に終了する。
 公明新聞については、有権者の1%の実配を目指していこうとの取り組みが全国的になされているが、現状兵庫県では0.5%のほどの成果となっている。そこで実配増を獲得するために6月から8月までを強化月間として設置し、党の分会2部増の取り組みを積極的に行っていくことになっている。