2003/08/24 
平成15年8月21日〜24日の活動(定例座談会に出席・マニフェスト、赤羽かずよしの実績について・花山東団地、有馬口等夏祭りに参加)

 21日(木)、夏期友好週間が明けて、8月度の座談会に藤原台北町地区に入らせていただいた。党員、支持者の皆様から「党の政策(マニフェスト)や実績及び市政についての報告をお聞きしたい等」の要請を受け参加させていただいた。

 座談会では友好週間の各人の活動報告並びに地域の課題等が提起された。暑い夏期期間中にもかかわらず、党員・支持者の皆様におかれては、友好対話運動を広げてくださり、各地に訪問しながら公明党への支持者拡大への取り組みをしてくだっさている報告を受け賜り、感謝の気持ちでいっぱいであった。

 その中で、藤原台北町7丁目にお住まいのYさんから自宅に泥棒が入りそうになり、大変不安な日々を過ごしているとの報告を承った。以前にも藤原台北町4丁目において、同類の事件が発生し金品を盗まれる等の事件が起こったこととがあった。度々兵庫県警有馬警察所にパトロールの強化や再発防止策について要望をしているところだが、いつもながら警察の対応の鈍さには憤り感じているところである。今回の事件についても、泥棒が垣根からY宅に入ろうとしているところを家主に見つかり、慌てて逃げていったというのである。「その垣根のところに指紋がついているかも知れないので調査願いたい」との要請にも真剣に応えることなく泥棒未遂の犯人を逮捕することさえ出来ないような実体である。
 市民が安心して安全に暮らすことのできるための防犯上の諸施策に努めるべき県警の出先機関の対応がこのようなことでは大変に残念であり、事件が起こってからでは遅いのである。交通規制などの取り締まり強化については、いくらでも権威を振るって対応するのに住民が心配で困っていることの相談には「各人が気をつけてください」との頼りない返事が帰ってくるだけである。
 神戸市の関係機関や各地域の自治会等各種団体等との積極的な対応をしていただくなり、改善に努めていただきたいものである。
 神戸市においても安全安心に関する推進条例がある。同条例が実効性あるものにしていけるように関係機関の更なるご努力をお願いするものである。

 座談会では、地域課題等の話題に続き、私の方からは、党のマニフェストについて若干お話をさせていただいた。各党政策綱領を打ち出して選挙を戦うわけだが、わが公明党は国民の皆様の前に数値目標と期限及び財源等を明記した政策綱領を7月24日に各党先駆けて打ち出させていただいた。国民の目線に立った政策を実現するため77項目の政策を掲げさせていただいた。掲げた目標については断固として達成する。これが今回の公明党のマニフェストの趣旨である。

 この日の座談会参加者から、税金の使われ方として「無駄を省き効率的な運用を図っていただきたい」とのお叱りを受けた。また、「公務員等の手当てや特殊法人改革などに努めていただきたい。我々サラリーマン層から各種の社会保険料や税負担を強いるのでなく、公務員や議員等の歳費や各種手当ての削減をはじめ無駄な公共事業等のコスト縮減を断行することによって財源を生み出すべきである。」等々・・・景気の低迷が続き、デフレ状況の中、リストラを余儀なくされたり、雇用問題で深刻に悩んでいる庶民の皆様の怒りの声である・・・
 このような多くの声を国へのパイプ役としてつなげていける人・・その人を選ぶ選挙、衆議院選挙が今秋にも予想されている。公明党兵庫2区からは赤羽一嘉衆議院議員が小選挙区から3期目の(中選挙区時からは4期目)出馬をさせて頂く。

 ご案内のとおり、神戸の阪神淡路大震災後の復旧復興をめざし地元神戸選出の国会議員として神戸の再生にまっしぐらに取り組んできた赤羽かずよし。パン屋さんの息子として、両親の苦労を見ながら育ち、人の痛みのわかり庶民感覚にすぐれた赤羽かずよし。苦学して慶応大学を卒業した秀才、ラグビーで鍛えた頑健な体を併せ持ち、友情にも厚い知勇兼備の赤羽かずよし。国政に送り届けていただいてより10年間、特に連立与党入りしてより数限りない庶民の目線に立った政策を実現してきた赤羽かずよし。連立与党3年10ヶ月の公明党・赤羽かずよしの主な実績は下記のとおりである。

 @交通バリアフリー法の制定
 A児童手当制度の拡充
 B奨学金制度の拡充
 CDV防止法の制定
 Dストーカー防止法の制定
 E児童虐待防止法の制定
 Fあっせん利得処罰法の制定
 G官制談合防止法の制定
 H食の安全基本法の制定
 I芸術文化振興基本法の制定
 J循環型社会形成推進基本法の制定
 K永年勤続国会議員の特典廃止
  肖像画制作費の廃止 特別交通費の支給の廃止 憲政功労年金支給の廃止等
 L保育所待機児童ゼロ作戦の推進
 M地元では北神急行電鉄(株)の運賃値下げを実現 等々

 今、「実績で勝負!」の赤羽かずよし衆議院議員への期待は大きく膨らんでいる。小選挙区というたった一人しか選択されない厳しい選挙戦に挑んでいくわけであるが、「断じて勝つ!!」とのすさまじい闘争心に燃えてこの難局を突破していきたいと思っている。

 午後1時から藤原台6丁目周辺の支持者宅を15件訪問、その後3時過ぎ激しい落雷が起こりしばらく待機し、党市議会控え室に向かい市民相談の処理、党務を遂行する。
 夜は拡大対策会議に出席する。

 22日(金)、午前8時より勤行会に出席。その後、控え室にて党務遂行。午後1時より連絡協議会に出席。兵庫2区、兵庫8区の厳しい情勢を承る。今のままではとても勝つ見込みがない、大変な厳しい状況下になった。民主・自由の野合集団に惑わされることがないように、また、社民・共産党等の耳障りの良い宣伝に騙されないように、私たち公明党議員が街頭活動をはじめ各種の会合に参加させて頂き、党の実績や今後の政策等を真剣且つ必死に語り、繰り返し訴えて以外にない。党員・支持者の皆様も暑い中、休みも返上し戦ってくださっている。我々、議員及び家族が懸命な戦いをしていかなければならないとつくづく思った次第である。
 午後6時過ぎ、拡大対策会議。厳しい情勢打破するための戦いの打ち出しがでる。
 23日(土)、午前10時過ぎより地元唐櫃台4丁目を15件あいさつ訪問する。その後、14時から兵庫県下の議員総会、マニフェスト等の勉強会が行われる。終了後、北区の夏祭りに参加。鹿の子台連合自治協議会主催の祭りと花山東団地主催の祭りに参加させていただく。
 2会場ともに党員の方がたが活躍してくださっていた。防犯や祭りの運営などに尽力してくださっていた。心から感謝申し上げる次第である。
 24日(日)、午前10時過ぎから地元唐櫃台2丁目を15件あいさつ訪問する。1件市民相談を承る。午後1時から神戸市道場町生野の生野高原住宅を12件訪問させて頂く。飛び地の住宅だがこの地も北区であり約400世帯800人の住民が居住している。これまで、上下水道の整備や水道料金について、また、まちづくりなどの様々なご相談を受けてきたが、引き続き課題解消に向けての努力をしていかなければならない。
 午後6時から地元唐櫃台2丁目5、6件を訪問し、その後、有馬口自治会主催の夏祭りに参加する予定である。