2003/09/07 
平成15年9月5日〜8日の活動(有馬口、唐櫃台、生野高原住宅等70件訪問・赤羽議員と谷上及び大池駅で朝立ち・桑原先生を偲ぶ会に出席・赤羽政経懇話会に出席)

 5日(金)、早朝7時より8時過ぎまで神戸電鉄谷上駅にて赤羽衆議院議員、山田市議会議員とともに街頭活動を実施し、その後10時から党員のYさん、Sさんとともに有馬口周辺の支持者宅を20件訪問させていただいた。
 
 15時過ぎから市議団控え室にて党務を遂行。
 夜、18時30分より私学会館にて、関西日印文化協会会長であられた「桑原泰業先生を偲ぶ会」に出席させていただいた。
  
 桑原先生は、去る6月29日に83歳にてご逝去された。先生は、東洋哲学や仏教に傾倒し、こよなくインドを愛され、関西日印文化協会の会長を25年の長きに渡りつとめてこられた。

 私も、市議会議員となって、関西日印文化協会主催の各種行事に参加させていただく中で桑原先生と親しくさせて頂き、インドと日本のかかわり、歴史や文化などを学ばせて頂いた。
 また、神戸ほろにが会や神戸ユネスコ協会などの各種協会でも交流を深めさせていただいた。
 更に、あしだ賀津美後援会活動においてもご理解を頂いており、多大なお力添えを賜った。

 文化を通じて国際協力、協調の掛け橋に尽力された桑原先生の尊い生涯を偲び、衷心より哀悼の意を表しますとともに、心からご冥福を深くお祈り申し上げます。
 桑原泰業先生、誠に、有難うございました。

 6日(土)、午前中から午後にかけて市民相談などの処理のほか、16時から拡大会議、引き続き、18時30分から連絡協議会等が開かれ、9月度の党活動についての検討がなされた。

 7日(日)、午前中、唐櫃台1、2、3、4丁目、八多町、有馬町等を宣伝カーにて街宣活動を行い、地域実績や党のマニフェストなどを力強く訴えさせていただいた。
 昼過ぎから道場町生野高原住宅を12件訪問し、引き続き夕刻から唐櫃台4丁目を20件訪問させていただいた。
 夜は、地域サポート会議に出席させていただいた。

 8日(月)、早朝7時より、神戸電鉄大池駅頭において赤羽かずよし衆議院議員とともに朝立ちを行い積極的に赤羽議員の実績や党マニフェストを訴えさせていただいた。
 午前10時過ぎから唐櫃台1丁目の支持者宅を15件訪問、その後、党市議団控え室にて党務を遂行。

 午後、4時、ポートピアホテルに集合し、赤羽かずよし政経懇話会の準備を進める。午後5時過ぎ頃から各種団体、企業、行政等の関係者が続々とお越しくださった。
 政経懇話会には、鴻池国務大臣、坂口厚生労働大臣がご出席下さったほか、兵庫県知事(副知事出席)、矢田神戸市長、梶本神戸市助役、松下同助役、鵜崎同助役のほか、大庭神戸市商工会議所会頭、各諸団体会長、企業代表者等800名ほどがお集まりくださり、各界のご代表から激励のお言葉を頂戴し、2時間ほどの会合であったが、盛大且つ有意義な中での懇話会となった。