2003/10/12 
平成15年10月6日〜11日の活動(企業・商店等60件訪問、第3回定例市会閉会、街頭活動 、時局講演会等)

 6日(月)、午前中、11時から議員総会に出席した後、市民相談等に対応、その後午後2時から鹿の子台南町の支持者宅を訪問し、御礼あいさつ訪問並びに市民相談などをお聞きする。

 7日(火)、唐櫃台1丁目の支持者宅を17件訪問した後、党市議団控え室にて市民相談等の処理を行い、夜は商店等5件を訪問し、赤羽かずよし衆議院議員への後援を依頼する。

 8日(水)、10時〜赤羽事務所において、衆議院選挙の本番スケジュール等の検討を行う。
 午後、市民相談などの対応をし、夜は兵庫区のパークタウン周辺の商店等を23件あいさつ訪問させていただく。

 9日(木)、午前10時から第3回定例市会本会議第3日目が開かれた。

 本会議では、神戸市監査委員及び、神戸市教育委員会委員、神戸市人事委員会委員を選任し、平成14年度神戸市各会計予算繰越についての報告がなされた後、平成14年度公営企業会計決算特別委員会においての委員長報告が行われた。

 委員長報告の後、決算第2号 平成14年度神戸市港湾事業会計決算、決算第3号 神戸市新都市整備事業会計決算、決算第5号 神戸市自動車事業会計決算の3事業会計について認定に反対する討論が行われたが、上記の3事業会計決算委ついては採決の結果、賛成多数で可決され、その他の決算及び関連議案については簡易採決により、認定及び原案可決となった。

 また、空港・新産業に関する特別委員会に付託され、委員会において不採択となった「神戸空港建設の中止を求める請願」等2件についての反対討論が行われた後、採決の結果、賛成少数にて本請願は否決された。

 更に、議員提出議案として、第8号議案「公的年金制度の充実に関する意見書提出の件」が上程され、共産党を除く各会派の賛成多数にて可決し、国(衆議院議長・参議院議長・内閣総理大臣・総務大臣・厚生労働大臣)に対し同意見書を提出することとなった。

 最後に、各会派の主に新人議員より議案外質疑が順次行われ、公明党からは灘区選出の上脇義生議員が登壇し、@安心安全なまちづくりについて A西区伊川谷町における産業廃棄物の代執行について B消防職員のメンタルヘルスケアの制度化について C市民救命士の育成についてなど、特に市民の安全・安心な暮らしを守るという観点から質問を行った。

 9日、夜は党勢拡大に向けての支持者名簿の再確認などに努める。

 10日(金)、藤原台周辺の企業・商店等を10件訪問した後、神戸大丸前での衆議院解散における街頭活動の準備にあたる。坂口厚生労働大臣をはじめ、冬柴党幹事長、赤松県代表、赤羽かずよし前衆議院議員が力強く決意を述べ、御支援を訴え続けた。街頭終了後、周辺の商店等を20件ほどお騒がせのお詫びと併せてあいさつ訪問させていただいた。

 11日、午前中から宣伝カーを運行し街頭活動を積極的に行い、日の峰コープデイズにおいて年金問題等公明党のマニフェストについて強く訴えさせていただいた。
 午後2時から党県本部選挙対策会議に出席し、終了後、午後7時から行われる赤羽かずよし時局講演会の準備のために県立西代体育館に直行する。
 講演会では(株)アシックスの鬼塚喜八郎会長から激励のあいさつを頂戴するとともに、自民党の安倍晋三幹事長にお越しいただき、赤羽かずよし前衆議院議員に大きなエールを送っていただいた。また、神埼党代表も駆けつけて下さり、公明党の連立与党の4年間の実績及びマニフェストの中から年金問題等について訴えるとともに、会場にお集まりの皆様に「公明党がやります。また、赤羽かずよし予定候補へ絶大なる御支援を」と強く呼びかけられた。