2004/01/04 
平成16年1月1日〜1月4日の活動(新年のごあいさつ状5000枚発送、新春街頭活動《藤原台ダイエー前・三宮駅前・日の峰コープデイズ前等》、イラン救援募金活動、)


 新年明けましておめでとうございます。昨年は統一地方選挙、並びに衆議院総選挙などで大変にお世話になりまして、誠に有難うございました。

 本年も、微力ながら市会・県会・国会のネットワークを拡充し、庶民の目線・生活者優先の政治実現を目指し全力で取り組んでまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

 また、本年は7月に参議院選挙が行われることとなっておりますが、公明党として現場主義の若き国際派(30歳)・・・「谷あい正明氏」を比例区予定候補者として擁立し挑戦することとなりましたので、党員・支持者の皆様におかれましては、絶大なるお力添えを賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 尚、谷あいチャレンジ・ビジョンは下記のとおりであります。

1、18歳選挙権の実現などで青年の声が反映される政治を目指します。

2、人道支援などで世界に誇れる日本を目指します。

3、障害者・高齢者などすべての人が輝く社会を目指します。


 1月1日、2日は地元北区の支持者の皆様と新年の挨拶を交わし、約3000人の方々と直接お会いすることが出来、有意義な時を過ごさせていただいた。新年の挨拶状も今年は一段と力を入れ、5000枚程発送させていただいた。暮れに市会ニュースを1800部程配布させていただいたので、併せて6800枚程度となる。一人でも多くの方々に公明党の政策及び実績等を理解していただきたいと思うところからである。

 3日は午後12時ごろからミニ宣伝カーで北区内をまわり、藤原台のダイエー前で街頭演説を行った後、午後2時より三宮駅周辺において、「イラク大震災への救援募金活動」及び公明党兵庫県本部主催の新春街頭に参加した。
 街頭演説では県代表の赤松正雄衆議院議員をはじめ赤羽かずよし衆議院議員及び党県議団幹事長の松本よしひろ県会議員が演説を行った。
 年金問題やイラク復興人道支援について、また、神戸の震災復興の総仕上げや地方財政の改革などにも触れながら、道行く人々へ、公明党の政策などを懸命に訴えた。 


谷あい正明参議院選挙比例区予定候補へリンク