2006/01/04 
新年ごあいさつ

 謹賀新年

 皆様におかれましては、旧年中よりご厚情を賜わりまして、誠にありがとうございます。

 昨年は、公明党兵庫県本部女性局としまして、党員・支持者の皆様の絶大なる真心からのお力添えに支えられ、県下の8市2町で実施されました統一外選挙(赤穂市・福崎町・宍粟市・尼崎市・淡路市・朝来市・豊岡市・南あわじ市・西脇市・新温泉町)に完勝をさせていただく他、7月3日実施の東京都議選及び9・11の衆議院総選挙等々すべての戦いに大勝利させていただきました。改めましてご支援の数々に心から厚く御礼を申しあげます。

 県女性局では、これらの各級選挙に力いっぱい戦うとともに、昨年度新たに設置して頂きました地域委員の皆様とともに公明サポーター等への挨拶訪問をはじめ、公明新聞の熟読推進にも取り組んでまいりました。

 また、総支部等の単位で子育てセミナーを積極的に開催するとともに、県下各地において「DV対策強化を求める署名活動」を展開し、327,294名の署名簿を井戸敏三兵庫県知事に提出させて頂きました。

 更に、4月17日には、浜四津敏子党代表代行を尼崎アルカイックホールオクトに迎え、盛大に女性党員研修会を実施させて頂き、党の政策等を研鑚しました。
 後半戦は、突如として郵政民営化問題が発端となり衆議院が解散され、短期決戦の衆議院総選挙に突入いたしました。多くの女性党員の要望に応え、神戸、尼崎の2会場で講師に山本かなえ参議院議員を招き、「郵政民営化について」の研修会を開催させて頂きました。

 このように、昨年は国政選挙をはじめ重要選挙が数多く実施され、激動の一年間でありましたが、すべての戦いに大勝利をすることができましたのは、唯々党員・支持者の皆様・なかんずく創価学会員の皆様の献身的なご支援のお陰であります。誠にありがとうございました。

 そして、本年は、これまでの戦いを基に磐石なる党県本部構築を図る為に、地域を根ざした取り組みを強化し、更なる党勢拡大に努めていきたいと存じております。
 県女性局においても、引き続き、少子化対策や子育て支援策、エコライフ推進や介護予防など各種セミナーや研修会などを実施し、研鑚を深めるとともに、機関紙推進、街頭活動、要望署名活動等に全力で取り組み党勢拡大に励んでまいりたいと存じております。
今後ともご指導及びご支援を賜わりますようよろしく御願い申しあげます。

 末筆ながら、皆様のご健康、ご多幸を心からお祈り申しあげまして新年のご挨拶にさせていただきます。
                   平成18年1月4日
                                  謹白           公明党兵庫県女性局長(神戸市会議員) あしだ賀津美