2007/02/11 
2月5日〜2月7日【市民相談など】


 5日 午前、神戸市建設局宅地開発指導課長等と北区菖蒲が丘一丁目住民との懇談会に同席させていただく。これはこの程、菖蒲が丘一丁目付近の保養施設「ノルーク」について突然大阪のJ社が解体及び宅地造成工事にかかりたいので住民に説明をさせていただきたいとの案内が周辺住民に投函され、当該地の地域住民の十数名が説明会に参加したが、大変にずさんな工事説明であったことから相談にこられたものです。住民の多くは工事車両の出入りについて大変に懸念されており、説明会では、「京地2丁目の交差点の一本目の団地内道路を左折したい」とのことであるが、当該道路は車両の出入りがしにくいばかりでなく、菖蒲が丘3丁目にはバスの回転地があることや西山小学校の子どもたちが通学している他、環境局事業所の作業にも支障をきたす恐れが想定され、更に周辺道路への渋滞をもたらす可能性もあることなどから出入りについては検討を強く要望しており、神戸市側からも強く行政指導をしていただきたいとのことであった。宅地開発については指導課の権限だが、解体工事については建設リサイクル法及び大気汚染防止法等に基づく関係書類の届け出が各局に跨っており、住民の皆さんも各局に要望に行かなければならず困惑されておられる様子であった。
 
 6日 午前神戸電鉄田尾寺駅にて早朝街頭を実施後、神戸市役所にて神戸市福祉綜合計画の概要について当局より説明を受ける。

 7日 このほど、奥山川の浚渫工事が開始されることとなった。これは地元の方々からの要請を受け県会の羽田野求議員の働きかけにより実現の運びとなったものであり、地域の安全安心な町づくりを推進していく立場で実施されたものであります。夜、党北神戸支部会に出席、党員の方々にお集まりいただき活動報告や公明実績紙芝居、政治学習などを行った。