2008/01/03 
安全で安心なまちづくりを推進(障害者・子ども・高齢者・女性などが暮らしやすいまちづくりを目指します。)


 謹んで新春のお喜びを申し上げます。
 さて、昨年は統一地方選挙及び参院選挙等が実施され、皆様におかれましては、多大なるお力添えを賜りまして心から厚く御礼申し上げます。

 本年は引き続き、@安全で安心なまちづくりA子どもの健やかな成長B高齢者や障害者が暮らしやすいまちづくりC女性の生涯に渡る健康支援DDV防止強化E児童虐待防止F環境美化教育の推進G住宅及び学校・施設等の耐震化H保育所の整備及び保育サービスの充実I放課後子どもクラブ事業の拡大など各施策の充実に全力で取り組んで参ります。

 一方、ネットワーク政党としての利点を活かしつつ、赤羽一嘉衆議院議員及び山本かなえ参議等と力を合わせ生活者優先の政治実現を目指して戦って参ります。

 特に、少子化対策の一環として児童手当の拡充をはじめ乳幼児医療費助成の対象者拡大や妊婦健診の無料化拡大などに取り組んで参ります。また、妊産婦に優しいまちづくり施策としてマタニティマークの普及促進並びに各公共交通機関への周知徹底など施策の充実に努めて参ります。

 更に、安心して安全なお産を迎える為に産科医、小児科医等の医師不足が深刻化する中、お産についてのエキスパートである助産師に大きな期待が寄せられていますが、今後とも市民病院郡における助産師外来等の開設及び拡充などについても推進して参ります。

 北区の大きな課題として、北神急行電鉄の運賃値下げ支援についても引き続き関係機関等に積極的に働きかけて参りたいと存じております。本年も力いっぱい働いて参りますのでご指導の程、宜しくお願い申し上げます