6月25日(木)午前、第327回定例兵庫県議会本会議

0625_定例会標記の会議が開かれました。
本日の議事は、
「1」 6月18日の本会議に一括上程された「環境の保全と創造に関する条例等の一部を改正する条例」など議案13件について委員会審査報告が文書により行われ委員長報告に対し討論がありましたが、上程された議案13件については全て賛成多数で議決されました。
次に議員提出第2号議案(兵庫県議会会議規則の一部を改正する規則)が上程され簡易採決により議決されました。
続いて、請願4件が一括上程され委員会審査報告が文書により報告された後、討論がありましたが、「安保関連法案の速やかな廃案を求める意見書案提出」の件ほか3件の請願については、賛成少数にて否決されました。
その他「持続可能な国民健康保険制度の構築を求める意見書」(案)など6件の意見書案が一括上程され全会一致で議決されました。
常任委員会並びに議会運営委員会の閉会中の継続調査事項の申出については簡易採決されました。
最後に石川憲幸議長、井戸敏三知事より閉会の挨拶があり第327回定例兵庫県議会は閉会しました。

今回の定例会は、任期開始後初めて行われた議会であり、昨年の政務活動費の不適正支出問題を踏まえ新人議員も含め県政への信頼回復に努めるため真摯な議論が展開されました。
今後も議会運営をはじめ委員会活動についても兵庫県議会基本条例の下、二元代表制の一翼を担う県民の代表として県民の声を県政に届けるとともに、各常任委員会活動等政務調査を積極的に活発に展開しさらなる県政発展に尽くし身を粉に働いてまいる決意であります。
今後とものご指導を宜しくお願い致します。


カテゴリー: 県政報告 パーマリンク